4月1日 11:00~19:00  4月2日 11:00~18:00

渋谷区猿楽町2-3 コーポ天城502

物語を纏う

プリントメーカーのPrintilo Yuka(プリンティーロユカ)、その名付け親であるkvinaのメンバーのイラストレーター前田ひさえ、そしてNidi gallery(ニーディ ギャラリー)の3人で作っているブランドです。タイツ好きの3人が、自分たちが履いてみたいと思えるタイツを作りたいと思ったことが、はじまりです。

毎回まずメンバーが話し合って、キーワードやストーリーができ、そこから生まれた女性をイメージし、柄を書き下ろしています。それを一点一点ハンドプリントして、オリジナルタイツや、タイツから派生するグッズを作っています。遊び心がありながら大人でも合わせやすく、作品や物語を纏っているような、心躍る一枚を見つけたもらえたらいいなと思ってデザインをしています。

今回初めてランジェリー(パンティ)を制作しました。 ダスティローズという架空のクラブと、ローズという女の子からイメージした、靴下や下着です。 箔プリントを使用し、ハンドブリントならではの遊び心をよりいっそうお楽しみいただけます。

タイツファクトリーとしては、2017年は、タイツの新作と、新たにベビーグッズなど制作発表予定です。 活動は不定期ですがどこかでまた、みなさまに見ていただければ嬉しいです。

絵:前田ひさえ   シルクスクリーン:Printilo Yuka    運営:Nidi gallery

Tights Factory(タイツファクトリー)

“タイツ好き”の人たちに向けたタイツブランド。前田ひさえが描いたモチーフを、Printilo Yukaがシルクスクリーンでタイツにハンドプリント。さまざまな素材に印刷が可能なシルクスクリーンの技術を使って、タイツを出発点に、描き下し作品をより身近なファッションアイテムに落とし込み、幅広いアイテムを展開している。

タイツファクトリーのタイツは、普通じゃないけどコーディネートを邪魔しない、かわいいけど大人が履いてもしっくりくる、絶妙な色合いとデザイン。マーケットではたくさんの色のタイツやソックスが揃いますので、ずらりと並んだ様子を見ていただけたらと思います。新作のランジェリーも注目です。

△top