4月1日 11:00~19:00  4月2日 11:00~18:00

渋谷区猿楽町2-3 コーポ天城502

マルシェの野菜

Incect farmで作る野菜はマルシェで販売することを基本としています。作るところから、収穫、梱包、そしてお客様に販売するところまで全部自分たちで行います。フランスやイタリアのマルシェで野菜を売っている風景に魅せられてしまったんです。いつか自分でもできたらいいなと考えていたところに、畑を貸すよというお話をいただいて本格的に栽培を始めました。それまでは趣味程度でしか野菜を育てたことがなかったので、大きなチャレンジでした。失敗もたくさんあって、台風で育てたものがみな吹き飛んでしまったという苦い思い出もあります。

「マルシェでたくさんの種類の野菜を季節ごとに並べたい」という気持ちから、自然と多品種を栽培することになりました。今は年間を通し、野菜と果物を合わせて100種類ほどを栽培していると思います。
個人的に興味のある野菜やハーブは、日本のものだけではなく海外の品種も全てトライしてみるんです。例えばイタリア料理に合うハーブを作るのだったら、本場イタリアから取り寄せた種で作って、どう育つかを見て選別する。食いしん坊なので、食材との相性を考えていると、いつのまにかどんどん品種が増えていってしまうのですが。

スイカ・ウリ・メロンなどの果菜系のものは、実が出来てからの成長がビジュアル的に分かるから、栽培していてとても楽しいです。アーティチョークもどんなふうに料理しても美味しく、個人的にとても好きな野菜なので、初期のころからずっと栽培しています。 他にはないいろいろな野菜のおいしさを知っていただきたいので、これからも栽培する果樹や野菜の種類を増やしていきたいと思っています。
いつか畑に直接収穫しにきていただけるようにするのが目標です。

insect farm(インセクトファーム) 村上桂司

アパレルメーカーの代表を務める傍らで、友人らとオーガニック栽培の農業を始める。「虫たちとの共存共栄」をテーマに、千葉県にある畑にて植物性の堆肥のみを使用し、野菜を栽培。週末には恵比寿ガーデンプレイスのシャトー広場のマルシェに出店している。

みずみずしい葉物の野菜を中心に、前回のマーケットですぐに無くなってしまった幻のオーガニックパクチーも用意していただく予定です。 4/1にはincect farmの野菜を使った、あゆみ食堂さんのお食事も召し上がっていただけますのでお楽しみに!

△top